Hoi4

【Hoi4帝政イギリス】イギリスファシストルートで気を付けること・汎北アメリカ州の形成について

Hoi4帝政イギリスプレイで気を付けること

ファシストの支持率を上げる閣僚はファシストになるまで雇えない

Hoi4で政体を変えるときにはそれぞれの政体の支持率を上げる閣僚を雇うのですが、イギリスではファシストになるまでファシストの支持率を上げる閣僚を雇えません。

正直、ファシ化した後に雇う意味はあまりないように思えますが、そういう仕様になっています。

なのでファシ化するときは、NF「黒シャツ隊を組織」を踏むと解放されるディシジョンで黒シャツ隊を行進させ、ファシストの支持率を上げましょう!

黒シャツ隊のイベントは安定度を要チェック

黒シャツ隊の行進はファシストの支持率が上がると同時に安定度が下がります。

この時安定度が50%を下回ると、内戦が勃発してしまうので、安定度に気をつけながらのんびりファシストの支持率を上げていきましょう。

また、「反ドイツ演説を行う」というディシジョンを踏めば、毎週安定度が上がりますし、「抑制を主張」というディシジョンを踏めば、黒シャツ隊の行進をさせた時に安定度が下がりにくくなりますので積極的に活用していくと良いかも。

政体を変えるときに内戦を起こさない

帝政イギリスプレイをするときには内戦を起こさない方が良いです。

理由は、傀儡国との関係の問題です。

内戦を起こしてしまうと、傀儡国は勝手に独立した状態になります。しかも、その後傀儡国にしてもすぐに独立してしまう状態になってしまいます。

内戦を起こさずに政体を変えた場合は、傀儡国は時間が経つと勝手にイベントが起きて独立してしまうようになっています。こう見ると、内戦を起こした場合と変わらないように思えるかもしれませんが、内戦を起こしていない場合は、再度傀儡にした後は勝手に独立してしまうことはありません。

この不可解な挙動の原因は恐らく、勝手に独立するときのイベントが原因となっていると考えられます。というのも内戦を起こした後、1つの国を2回傀儡にする(宣戦布告して傀儡→イベントで独立→再度宣戦布告して傀儡)と勝手に独立しなくなります。

つまり、内戦をしないで帝政になった時に起こるはずだったイベントが、内戦をした場合には改めて傀儡にした場合に起こってしまうため、独立してしまうという挙動になっているのです。

イギリスではカナダを傀儡にしておくと良いことがある(詳細は後で説明)ので、できるだけ内戦をせずに政体を帝政にしたいところです。

もし内戦が起こってしまったら、頑張って元傀儡を2回倒してください。

汎北アメリカ州を形成してから帝国連邦を形成するとアメリカが中核州になる

帝政イギリス・王党派イギリスでは、「汎北アメリカ州を形成」というディシジョンを踏んでからNF「帝国連邦」を踏むと元傀儡国の1部+アメリカの全プロビが中核州になります。

この「汎北アメリカ州を形成」というディシジョンは、カナダとアメリカを1つの国として全て中核州となっている「汎北アメリカ州」という国を作成できるディシジョンです。

そして、NF「帝国連邦」は1部の自治領を中核州に加えて「帝国連邦」と国名を変えることができるNFです。

そして、汎北アメリカ州はカナダ扱いとなるのでNF「帝国連邦」を使うことで、カナダ、アメリカ丸ごと中核州とすることができます。

カナダを傀儡、アメリカを全土併合していないと「汎北アメリカ州の形成」ディシジョンは踏めない

「汎北アメリカ州の形成」というディシジョンはカナダを傀儡、アメリカを全土併合していないと踏むことができません。

ここで、政体変更の際に内戦を起こしていると、カナダを傀儡国としておくために2回カナダと戦争しないといけないのでめんどくさいことになります。

また、アメリカのどこかのプロビを同盟国(イタリアとか)に取られていると、ディシジョンを踏めないので、気を付けておきましょう。

カナダで内戦を起こしてはいけない

帝政イギリスになると、ディシジョンで元傀儡国に対して内戦を起こさせることができ、それを利用して、再び傀儡にすることが可能です。

このディシジョンは便利な面もありますが、特にカナダにだけは使ってはいけません。

理由は、カナダで内戦を起こすと、汎北アメリカ州を形成した後に帝国連邦で併合してもアメリカが中核州にならないからです。

これは、内戦を起こすと国家タグが変わってしまうからです。そうなると、カナダを対象としていたNFがうまく動作しなくなります。

その結果、カナダが中核州にならなくなってしまうのです。

もちろん他の元傀儡国に対しても同じことが言えますが、アメリカ全土を中核州にできれば、後のオーストラリアやニュージーランド等は正直誤差の範囲なので、あまり気にしなくても良いと思います。

2019年オススメのスマホゲームアプリ

オススメのゲームランキング

1位:ブラックホライズン

2位:アズールレーン

3位:グランドサマナーズ

4位:セフィロト

 

1位:ブラックホライズン

最大250人の仲間と協力できる大規模戦略シミュレーションゲーム。勢力を強化する神託ツリーや王国技術などによって自由度の高いゲームとなっている。

ブラックホライズン -Black Horizon-

ブラックホライズン -Black Horizon-

WINKING DIGITAL ENTERTAINMENT LIMITED無料posted withアプリーチ

2位:アズールレーン

アニメ化までされた今勢いのあるゲーム。無課金でもかなり楽しめるアプリなので、無課金勢にもオススメ!

アズールレーン

アズールレーン

Yostar, Inc.無料posted withアプリーチ

3位:グランドサマナーズ

オート&アクションで直感爽快バトルが楽しめます。AppStoreの評価も4.1とかなり高評価となっています。

グランドサマナーズ

グランドサマナーズ

GOOD SMILE COMPANY, INC.無料posted withアプリーチ

良く読まれている関連記事