各国の比較

台湾は中国の領土なのか?独立国なのか?~歴史的背景から見る台湾

スポンサーリンク



台湾は中国領土なのか、独立国なのかよく分かっていない人は意外と多いと思います。

ここではそのことについて歴史をたどりながら解説したいと思います。

あまり大昔から見ても長くなるので約100年前から見ていこうと思います。

歴史

1895年 台湾が日本に編入される。

1937年 日中戦争が始まる。

1939年 第二次世界大戦が始まる。

1945年 ポツダム宣言受諾

1945年 日本がアメリカに占領される

1945年 台湾が中華民国(当時の中国)に占領される。

1949年 中華人民共和国(現在の中国)が大陸を占領する。

1949年 中華民国の領土が台湾のみとなる。

現在  1国2制度により中国が台湾に高度な自治を認める。

1国2制度とは?

1つの国ではあるが、2つの国として扱うことで、地域に高度な自治を認めること。

2つの地域間では自由な行き来は認めておらず、パスポートが必要になります。

現在では、台湾や香港で使われている制度です。

 

台湾についての各国の見解は?

各国の見解は、「台湾は中国の領土の一部である」という考えです。

中国は自国と国交を結ぶ国には、台湾を中国の領土として認めることを条件として課しています。

そのため、中国と国交を結んでいる国は台湾を中国の領土の一部であると認めていることになります。

ただし、中国と国交を結んでいない国には台湾を独立した国であると認めている国もあります。

 

また、最近の流れで、アメリカが台湾を1つの国として保護しようとしているということがあります。

現状では、台湾はほぼ独立国として認識して良いと思います。

2019年オススメのスマホゲームアプリ

オススメのゲームランキング

1位:ブラックホライズン

2位:アズールレーン

3位:グランドサマナーズ

4位:セフィロト

 

1位:ブラックホライズン

最大250人の仲間と協力できる大規模戦略シミュレーションゲーム。勢力を強化する神託ツリーや王国技術などによって自由度の高いゲームとなっている。

ブラックホライズン -Black Horizon-

ブラックホライズン -Black Horizon-

WINKING DIGITAL ENTERTAINMENT LIMITED無料posted withアプリーチ

2位:アズールレーン

アニメ化までされた今勢いのあるゲーム。無課金でもかなり楽しめるアプリなので、無課金勢にもオススメ!

アズールレーン

アズールレーン

Yostar, Inc.無料posted withアプリーチ

3位:グランドサマナーズ

オート&アクションで直感爽快バトルが楽しめます。AppStoreの評価も4.1とかなり高評価となっています。

グランドサマナーズ

グランドサマナーズ

GOOD SMILE COMPANY, INC.無料posted withアプリーチ